インフォマーシャル制作

視聴者は変わった。私たちもインフォマーシャルを変えていく。

スタジオツィンクのインフォマーシャルは現状に留まりません。


インターネットの普及、市場の成熟などによって、視聴者は単純に視て、聴くだけの存在ではなくなってしまいました。
それどころか、ネットで視聴者同士が情報交換を行い、評価されてしまう。


商品に向けられる目は、決して優しいものではありません。従来の一方通行的な手法では、決して視聴者は振り向かず、高いレスポンスは得られないのです。


スタジオツィンクでは3つの強みを生かして、時代の変遷とともに変化した視聴者の心に届くインフォマーシャル制作をお約束いたします。

コミュニマーシャル、それは視聴者とコミュニケートするインフォマーシャル。

では、変化した視聴者に対してどうするか。

私たちは制作に入る前段階から、徹底的にターゲットとなる視聴者を分析し、理解することに重きを置いています。
購入を考えている視聴者が何を望み、何をうれしく思うのか。
どういう言葉が視聴者の心に響くのか。
その答えは、小手先のテクニクではなく、弊社が独自に確立したマーケティング手法と長くインフォマーシャルを制作してきたノウハウにあります。そういった視聴者が望み、共感できるコンテンツを制作するのは、その商品の番組を通して、視聴者とコミュニケートすると考えているからです。

私たちが作るインフォマーシャルは、言ってみれば、Infomercial(インフォマーシャル)というより※Communimercial(コミュニマーシャル)です。
視聴者の立場に立ったコミュニマーシャルは、結果として視聴者の心を動かし、高いレスポンスに繋がることでしょう。

※従来のInfomercial(インフォマーシャル)とCommunication(コミュニケーション)を掛け合わせたスタジオツィンク独自の造語。

ドキュメンタリー制作の経験を生かしたインフォマーシャル。

スタジオツィンクは、1975年設立から現在に至るまで、映像制作の第一線を辿ってまいりました。

ドキュメンタリー番組をメインに制作、2000年を境に通販番組の制作を開始。
のちにコミュニケーションを軸にした新しい通販番組Communimercial(コミュニマーシャル)の手法を確立。

多くのお客様に、いまリピートして頂けるその訳とは?
ズバリ、他社にはないドキュメンタリーを長年制作し蓄積したノウハウが
Communimercial(通販番組)の根底にあるから。

内なる真実を映し出すドキュメンタリーの要素は、ユーザーの共感を呼ぶ
Communimercial(通販番組)制作に生かされています。

グローバルに対応できるインフォマーシャル。

国内はもちろん、2012年から台湾にも拠点を構え、国内企業様の海外進出をサポートさせていただく、ネットワーク環境を構築いたしました。
海外を舞台に、商品展開をお考えの企業様は、ぜひともご相談ください。

今後は中国、タイ、マレーシアなど東アジアを中心に活動拠点の拡大も予定しております。

URLはこちら http://www.sjgm-tw.com/日本語/

お客様のうれしい成功事例 続々と喜びのお声を頂いております。

成功事例 健康食品販売会社様

多数の健康食品の通信販売を行う大手企業。
売上高は倍増し、現在も増収・増益中。健康食品業界では全国TOP5に急成長。

Before製作前の状況

ターゲットを50〜70代に絞り、TV通販を行っていたが、主力商品として強化するため模索。

Before制作ポイント

商品の特性をシンプルでわかりやすく伝えること。
ターゲット層が抱える悩みに着目し、街の声を多く取り上げ“共感”を得られる構成作りを意識して制作。

WEB上で掲載できない成功実績も多数ございますので、詳しくはお問い合わせください。私たちと一緒に本当に売れるインフォマーシャルを作りませんか?